2020年07月30日

「RICOH GR III」用機能拡張ファームウェア バージョン1.41をリリース

「RICOH GR III」用機能拡張ファームウェア バージョン1.41をリリース

リコーイメージング株式会社(代表取締役社長:高橋忍)は、コンパクトデジタルカメラ「RICOH GR III」(2019年3月発売)向け機能拡張ファームウェア バージョン1.41を、2020年7月30日よりリリースいたします。

機能拡張ファームウェアは、既にご愛用いただいている「RICOH GR III」に新しい機能や設定可能な項目等を増やすことで、さらに性能、使い勝手を向上させ、最新の機能にアップデートするものです。 機能拡張ファームウェアおよび機能の使用説明書は、ウェブサイト上から無償でダウンロードしていただけます。

<バージョン1.41>
【拡張される機能】

  • ・[フルプレススナップが画面タッチ操作で可能に]
    「RICOH GR III Street Edition」(バージョン1.40)」同様に、シャッターボタンの一気押しに加えて、背面液晶モニターのタッチ操作でもフルプレススナップ撮影ができるようになりました。

    詳細ページ

【修正内容】

  • ・[位置情報記録の修正]
    スマートフォン等から取得する位置情報が南緯/西経の場合、ExifのGPSタグに記録される緯度/経度が不正になる現象と、[再生詳細表示]でのGPS表示を修正しました。
  • ※「RICOH GR III Street Edition」(バージョン1.40)をアップデートしても専用終了画面は維持されます。

【ファームウェアダウンロードページ】
http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/support/download/digital/gr3_s.html

【GR official 関連ページ:企画担当者が語る"フルプレススナップ"】
https://www.grblog.jp/article/9732/

ページトップへ