2016年9月20日


「PENTAX K-1」用機能拡張ファームウェア バージョン1.30をリリース

リコーイメージング株式会社(代表取締役社長:赤羽昇)は、デジタル一眼レフカメラ「PENTAX K-1」(2016年4月発売)向け機能拡張ファームウェア バージョン1.30を、2016年9月29日よりリリースいたします。

機能拡張ファームウェアは、ご愛用いただいている「PENTAX K-1」に新しい機能や設定可能な項目等を増やすことで、さらに性能、使い勝手を向上させ、最新の機能にアップデートするものです。
機能拡張ファームウェアは、ウェブサイト上から無償でダウンロードしていただけます。

<バージョン1.30>
 公開予定日:9月29日

拡張される機能

・ライブビュー時の電子シャッターレリーズ

ライブビュー撮影時のレリーズ方法に、電子シャッターの選択を可能にしました。
 メカニカルな作動を抑え、本体ブレを軽減して撮影できます。

・クロップに1:1サイズを追加

クロップ機能で選択できる画面サイズに1:1サイズが追加されます。

・ローパスセレクターブラケットに2枚ブラケット追加

従来の3枚ブラケット((OFF、TYPE1、TYPE2)に加え、ユーザーからの要望が多かった
 2枚ブラケット(OFF、TYPE2)も選択可能にしました。

・スマートファンクション

[BKT]設定で、ブラケット幅の選択時にブラケットのキャンセルが選択できるようになりました。

・その他

全般的な動作安定性を向上しています。

【ファームウェアダウンロードページ】

 PENTAX K-1

 

この件に関するお問い合わせは下記にお願いいたします。

[お問合せ先]お客様相談センター TEL. 0570-001313

ご注意:ここに掲載されている情報は、発表日現在の情報です。ご覧になっている時点で、予告無く情報が変更されている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

 

ページトップへ